ホーム » 脱毛 » 「脱毛に良い食べ物」本当の意味

「脱毛に良い食べ物」本当の意味

読了までの目安時間:約 4分

ビックリ仰天!抜毛にすばらしい夕食が生じるなんて信じられますか?

誠に、いらっしゃる・・・というと取り違えを招いてしまうので、「どういう定義なの?」っていう?を解消していきたいと思います。

厳密に言うと、抜毛に相応しい夕食を食べるとヘアが抜き取れるとかいうことではなく、長期的にバランスよく食事することで「抑ヘア働き」が期待できる食材があるんです。

夕食を食べて抜毛できるなら、髪の毛とかも抜けちゃいますよね(^^;

どういうことかというと、体毛の生え者はホルモンに影響されます。

なので、このホルモンが重要になってくるわけですが、特に「性ホルモン」が重要になってきます。

ホルモンという人は、体内で分泌されるわけで、人体を取る要素ですが、血や肉と同じように食材から取り込まれた栄養で作られます。

その時に「紳士ホルモン」が多くなると体毛が濃くなり、「マミーホルモン」が増加すれば体毛は薄くなるのです。

マミーの体内でも、ホルモンバランスの不調などで紳士ホルモンが増加したり、マミーホルモンが少なくなったりすることがあります。
痩身や切歯扼腕、食生活の不調が原因でマミーホルモンが減少する女性は少なくありません。
パフォーマンス、体毛が伸びる、濃くなるなど「体の紳士化」が現れることもあるんです。

でも、マミーホルモンが少なくなってしまったら、夕食で補給することができます。
マミーホルモンに似た働きをする栄養を入れることで、体のホルモンバランスを整え、紳士化した人体を元に戻すことができるのです。

だから、バランスのいい食物が大事なんですね。

抑ヘア効果のある食材

では、現にどんな夕食がムダ毛を薄くする効果があるかというと、マミーホルモンという観点で言えば、大豆品物や豆乳は抑ヘア働き食材の第一人者ですね。
大豆や大豆製品に含まれるイソフラボンはマミーホルモンによく似た行動をし、体内で少なくなってしまったマミーホルモンの代理をしてくれます。

豆乳ローションが抑ヘアにいいなどとよく言いますが、カラダからも効果があるということですね。

また、他にはGI役割(炭水化物がマスターされて糖に変化する速さを相対的に映し出す集計)のちっちゃい食材がおすすめです。
例えば玄米、ひじき、ホウレンソウといった食材たちになります。

GI役割が高ければおっきいほど、その食材は体内の血糖役割を上げてしまいます。
血糖役割が上がるとインシュリンが大量分泌され、紳士ホルモンの分泌が促されてしまうんです。
パフォーマンス、体内で紳士ホルモンが目立ち、体毛も濃くなってしまうというわけです。

GI役割の良い食材は炭水化物を殆ど取り込む賜物や、糖度の大きいものが多くなっています。
特に手軽に食べられる菓子パンや、イモ群れ、砂糖は要注意です。
日頃慌ただしいからとつい拳固をのばしてしまいがちな食材ですが、もしかしたらそれがムダ毛を繰り返す原因になっているかもしれないんです。

抑ヘア効果のある夕食を上手に取り入れて、キレイモに通えば、より働きが高まりそうですね(^^)

藤田ニコル 脱毛

 

この記事に関連する記事一覧