ホーム » 妊活 » 妊娠を目的に飲むサプリメントについて

妊娠を目的に飲むサプリメントについて

読了までの目安時間:約 16分

妊活というものは、赤ちゃんが出来るようにするためのもので、どんな時に妊娠が成立するのかを分かった上で、その仕組みに沿った措置を可能な限り講じていくものだともいえます。

そして、第一に重要視すべきものは栄養だということに関しては想像するに難くないと思います。

けれども、必要な栄養を完璧に摂るということは簡単ではありません。

そんな時に使えるのがサプリメントです。

最近は妊娠を目的とした、いわゆる妊活サプリと呼ばれるものも出ました。

最も妊活で重要なのは毎日かかさずに基礎体温をつけるということです。

きちんと基礎体温を測定することによって自分の身体の状態がどうであるか把握でき、妊娠しやすい状態か否か、妊娠をしているかどうかや、排卵日の予測など重要なことがわかるのです。

それから、基礎体温はどういうものかというと、朝起きてすぐに検温することでわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。

食材から葉酸を多く摂ろうとすると、可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、たくさん葉酸を摂るための目的で、葉酸が豊富な食材だけを毎日食べるのは、普通の人には耐えがたいことでしょう。

誰にでもできる葉酸の摂取方法として、スムージーはおすすめできます。

作り方は簡単で、ミキサーに葉酸が多い野菜や味を調えるための果物と水分を入れるだけで、手軽に飲める葉酸強化スムージーができます。

食事や運動などの生活習慣の改善など具体的な妊活を頑張っていると、徐々に疲労感が増してくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような時は気持ちの切り替えもかねて子宝神社参りがおすすめです。

たまには神頼みしてみることも気持ちを上手く切り替えるチャンスになるのではないでしょうか。

妊活を行っている時は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。

野菜のうち、大根やゴボウや人参のような根菜類の場合は、積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。

反対に、身体を冷やす効果がある野菜は、きゅうりやなす、トマトなど旬となる時期が主に夏の野菜です。

果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないので飲み物もあたたかいものを摂るのがいいでしょう。

葉酸を十分に摂取するため、日々の食事からの摂取に限らず、サプリや強化食品、錠剤などを使って所要量を摂っていくのがおすすめです。

また、妊娠中から授乳が終わるまでの女性など通常よりも多くの葉酸を摂らなければならないにもかかわらず摂取できる葉酸の量が、食事だけでは所要量に満たないとき、あるいは改善されにくい貧血の治療の中で、時々用いられる手段として、スポット的に注射で投与することもあるようです。

特別に葉酸を添加した食品はマークがついていて、特定保健用食品の表示がされています。

このマークは消費者庁の認可を示しており、その食品に関してそれぞれきちんと審査を行い、その食品を認可すれば、特定保健用食品の名称とマークの使用が可能になります。

食品のどこかに特定保健用食品のマークがついていれば消費者庁の基準を満たした食品であることの証明ができるので、できれば葉酸の多い食品が良いという場合も選択の目安として知っておくと便利です。

妊娠前、妊娠中には可能な範囲で体に悪い影響をもたらすものを排除していないといけません。

そういう観点から、たばこを吸わないよう心掛けましょう。

煙草というものは嗜好品としてリラックスをもたらすという効果を持ってはいますが、決して体に良くはないです。

喫煙習慣のある方は、妊活と同時に禁煙もおすすめします。

妊活においては日常生活に様々な制限がかかることがありますが、喫煙はその最たるものだと言えます。

よく言われているように、喫煙によって体へ強く影響し妊娠しにくくなってしまいます。

喫煙による妊娠への影響は女性に限った話ではなく男性も当てはまります。

喫煙の影響による障害としては、女性は排卵障害、男性は精巣機能の著しい低下が指摘されています。

妊活中の場合はご夫妻で禁煙するのがおススメです。

私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、その手の本やサイトを調べたところ、妊娠前から継続して、葉酸を多めに摂ることが子供が健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いと、どこでも書いてあったため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。

妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ赤ちゃんの発育にも母体にも、葉酸はずっと必要だと書いてあったので、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。

日々忙しく暮らしている妊活真っ只中の女の方に妊活アプリというものが人気を博しています。

基礎体温の記録や、おおよその排卵日を予測することが出来たりとアプリを工夫して活用することで手間をかけず、役立てることが出来ます。

女性向けばかりではなく、男性用のアプリも作成されています。

うっかり忘れやすい妊娠の確率が高い日を知らせてくれる機能があるのでさりげなく男性に伝えることが出来ます。

妊活の最中はいつにも増して色々と注意しなければなりません。

風邪薬の服用については、さほど大きな影響をおよぼすということはないです。

けれど、わずかでも妊娠に悪影響が及んでしまったらいけないと気になってしまうのなら服用をしても大丈夫かどうか、かかりつけ医に話を聞いてみましょう。

お腹の赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂らなければならないと思う方も増えているようです。

知っておくと役に立つのは、葉酸を多く含んでいる食材は何かということです。

名前が「葉」の「酸」なので、野菜の中でも葉物に多いとされます。

それから、マンゴーからも葉酸が多く摂れるので、マンゴーが出回る夏に妊娠の診断を受けた私は、産院のお医者さんにも食べることをすすめられました。

マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。

水溶性ビタミンとして、葉酸は水に溶けやすいのが特長の一つです。

そして、熱に弱いのも特長なのでどのように調理するかによって半分以下の量しか摂れないこともあるわけです。

ならばと言って、非加熱の食材を大量に食べることは実際にはとても無理です。

調理するときも、葉酸の性質を頭に置いて長時間の加熱を避けるなど、小さな工夫を積み重ねるのが食材から無駄なく葉酸を摂取する秘訣です。

お腹に赤ちゃんがいるとわかったときから大切なのは葉酸の摂取です。

葉酸を十分に摂取することで、子供の健康の維持が促進されますし、母体の健康を維持するためにも必要な栄養素です。

いろいろな食材を食べるように意識している方でも、葉酸は十分に摂ることが困難です。

毎日安定した量の葉酸を摂るために必要に応じてサプリメントなども使った方が良いのです。

暑い時期が来ると、うっかりキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、女性の中でも妊活をしている方はできるだけ体の熱を奪うような飲み物は飲まないようにした方がいいと思います。

それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。

生活全般で日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。

妊娠初期こそ、葉酸を多めにとって欲しい時期です。

では、いつまで葉酸を摂らなければならないかというと、理想的には授乳が終わるまでとされています。

もしそこまで長く摂れないようであれば、どんなに短くても妊娠中期までは意識して葉酸の摂取を続けて欲しいのです。

葉酸は胎児の発育だけでなくお母さんにとっても重要な栄養素です。

欠乏しないようにがんばって摂るのが望ましいのです。

妊活とはどういう活動を指すかというと、文字通りの意味で、妊娠するためにする、様々な活動を含めて使われる言葉です。

性交をしさえすれば、100%妊娠するわけではないので、赤ちゃんを授かりたいと考えている夫婦にとっては妊娠しやすくするための手段といえます。

それのみならず、元気な子供を授かるための様々な活動も含んでいます。

妊娠を希望して、これから妊活を始めるご夫婦であればなにより先に産婦人科で検査をしておきましょう。

なぜかというと、検査を受けておけばもともと妊娠しやすい体なのか、あるいは先天的な問題が無いのかなどを確認できますから、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。

検査の結果が問題なければ、安心して妊活に取り組むことが出来るでしょうし、赤ちゃんの健康を考えた上でも大切な検査ですから、必要不可欠という理由も分かると思います。

赤ちゃんがほしいと妊活の真っただ中の方は、お守りを持ち歩くのをおすすめします。

具体例として、長谷寺は鎌倉にあるお寺で、ここは子宝と縁があるお寺です。

このお寺で扱われているお守りは、妊活の疲れを癒し、気分を落ち着かせることができるでしょう。

その他にも妊活用のお守りには、パワーストーンなども存在するので、試しに色々なアイテムを持つこともいいと思います。

妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていました。

妊娠中期にさしかかってからカルシウムも摂取しなければと思って牛乳を飲む量を、今までの倍にしました。

妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようで却って体調が悪くなってしまったのです。

それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて産院で出された鉄剤を飲むことになりました。

だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合された葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。

水溶性で熱に弱いというのが葉酸の特長であり、普通の食事で必要量を確保するのは困難なことが多いので、補助的にサプリなどを使っていきたいものです。

市販の葉酸サプリメントを選ぶなら、加熱処理で葉酸が減っていない製品を見つけることが必要だと言えます。

その成分が自分の身体を構成していくので天然の原料を使っていること、必要のない添加物がないことなど、安全性も考えて選んで欲しいです。

生食だけでなく、料理の素材としても使われるクリーミーな味わいが持ち味のアボカドは、他の果物や野菜と比べても、葉酸がたくさん摂れます。

人の身体にとって、葉酸は大事な役割を果たすものです。

鉄分とともに貧血防止に役立つ、また妊娠初期には胎児に栄養が十分行き渡るようにして発育を促すなど、生涯にわたって必要な栄養素です。

妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。

そんな時には、ハーブティーがよく飲まれています。

何故かというと、まず一つは薬効が期待できるというメリットがあるからです。

一例を挙げれば、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。

加えて、リラックス効果を得ることにも役立ちます。

妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがそのストレスを解消させる働きがあります。

妊活をするにあたっては、産婦人科などの専門機関を受診して一通りの検査を受けるようにしましょう。

異常がない場合でも妊娠のための専門的なアドバイスや排卵周期を整え、性生活を持つタイミングのアドバイスもしてもらえますので、安心です。

妊娠が発覚する前段階で自発的に産婦人科を利用し、効率的な妊活をすすめてみましょう。

今のところ、日本では先天性奇形の発生率が生まれてくる子供のうちの、約4%です。

考えられる要因は、高齢出産、ウイルス感染などですがそのリスクを低くできる栄養素が葉酸だということが知られるようになってきました。

赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、葉酸はあらゆる妊婦にとって特に必須のビタミンだと断言しても決して言いすぎではありません。

これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方は決して珍しくありません。

大腸がしっかり動くようにし、便秘を解消するためにも正常な腸内環境でないと食事やサプリメントなどで栄養素を摂っても十分吸収されません。

様々な栄養素が、腸内細菌の正常な働きで吸収が進むわけで栄養を摂ることと同じくらい、腸内環境を整えることも常に考えないといけません。

アロマには心身のバランスを良くする作用があり、最近では妊活にも使われています。

中には待合室でアロマを使っているクリニックも存在しているほどです。

ローズのアロマは、妊活中の女性に人気を博しています。

このアロマは、ホルモンのバランスを整えて、精神的なストレスを解消させる効果を持っています。

同じくストレスや不安な気持ちをなくして、女性ホルモンの分泌を活発にするというイランイランも妊活には効果があると言われています。

強化して葉酸を摂取したいとすると様々な方法を挙げることができます。

誰でもすぐひらめくのは食事から葉酸を摂ることでしょう。

現実には、葉酸は熱に弱いのが特長のため通常の場合はともかく、妊婦にとって必要な量を食事だけで摂ろうとすれば毎日続けるのはかなり困難だと言えます。

効率的な葉酸の摂取という面からみても、サプリなどを併用する方が現実的です。

いつ飲めば良いかというと、食事後が最も効果的です。

見たところ全く関連性がなさそうなことですが、実は妊娠と歯の健康とには大変深い関係性があるのです。

最近の研究からわかってきたのですが、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、リスク因子であることが明らかになったのです。

治療の中には、妊娠中には避けた方がよい方法もあります。

妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は出来るだけ早く、治療を受けた方がいいと思います。

 

この記事に関連する記事一覧